犬との暮らし

犬を飼って2年経って思うこと|(ほぼ)初めての犬との暮らし

2021-06-21

犬を飼って2年経って思うこと|(ほぼ)初めての犬との暮らし

どもーまつばななです。

今回は犬と暮らして2年経って思うことをメモしておこうともいます。

犬と暮らして、2年目もあっという間!

2年目も毎日あっという間でした!

ひとつ変わったことと言えば、完全にお散歩はわたしとだけ行くようになったこと。

理由は、ちびわんは異嗜(拾い食いふくめ)があったので、母が「もうお散歩が怖くて行けない」と言い始めたからです。

母は日中一切家におらず、お散歩はとても貴重なコミュニケーションの時間。できれば行ってもらいたいところだったのですが、「怖い怖い」と思いながらのお散歩は、母・ちびわんともに精神衛生上よくないな…と感じ、引き受けました。

 

おかげで昼間もお散歩も、ごはんの用意のほとんどもわたしがするようになったので、ますます母とはよそよそしい感じになってしまいました…。

ばなな
ごはん、散歩以外のコミュニケーションってほとんどないです

 

コミュニケーションを取ることって本当に大切だな…と思いましたね。

犬と暮らして1年目と2年目で違ったこと

ちびわんとの暮らしで、1年目と2年目で圧倒的に違うなと感じたのは、「共通語が増えた」こと。

あうんの呼吸まではいかないものの、わたしが言いたいことや、ちびわんが言いたいこともわかるようになってきました。

ばなな
でも翻訳こんにゃくはいまだにほしいアイテム1位!

1年目には「こういう意味かな」と思っていたことが、実は違っていたり、ちびわん自身の好みも変わってきたように思います。

これからドンドンとコミュニケーションは取りやすくなっていくだろうと予想できるので、もっとちびわんとの理解を深めたいと思う次第。

 

犬と暮らして2年目のハイライトはちびわんが謎の体調不良に苦しんだこと

謎の体調不良におそわれて、特に悪いところは見つからないのに「気持ち悪いよ~」と訴えてくる日々が続きました。

病院に行ってもとくに問題なし。ちょっと元気のない日が続き、心配する日々…。

で、冬の低気圧シーズンを終えてから気づいたのですが、ちびわんはどうやら気圧による体調不良がありそうです。わたしも気圧によって頭痛がしたり軽い体調不良があり、よくシンクロしていました。

自分が体調が悪い日は、ちびわんも悪いかも…とゆったり過ごすように心がけるように。

リモートワークだからこそ自分たちの体調に合わせてお仕事できるのは、同居人的にもありがたいもんだなーとしみじみ感じましたね。

 

犬と暮らして2年目で新しく買ったもの

1年目でいろいろと購入したものの、お互いの生活スタイルが確立されてくると、変更が必要なことも。

また、ちびわんの性格が分かってきたことによって新しく購入しようと考えたものもありました。

そういったもの含めて、2年目に新しく買って、よかったものなどを紹介しておきます。

犬用ペットスリング

今まで腰のことも考えて買っていなかったのですが、短時間での使用を目的としてスリングを購入しました。

ちびわんは分離不安があるので、大いに役立ちました。不安になったり、なにかしらでキャパオーバーしてしまったときには入ってもらって、落ち着いたら出てもらうようにしてから、ずいぶんマシになりました。

やっぱり、心の安定って大事なんだな・・・と感じるところです。

犬用ベッド

ランディランディのベッドをあたらしく購入しました。ちびわんは暑がりだったので涼しく寝られるリネンのベッドを探していて、評価のよいこのベッドを買ってみました。

買ったその日からお気に入り。
手洗い推奨となっていますが洗濯機に入れて洗っても、よれずに使えています。(自己責任!)

ただし干す用?の取っ手がついていて、噛みたい欲求のあるわんちゃんはガジガジしてしまうかも。ちびわんの場合は、下に折り込んで設置すれば掘り起こしてまで…という感じなのでちょっとかじられただけで終わっています。

 

ベッドは自制しなければどんどん買ってしまいそうになるので、困っちゃいますねー。笑

ちなみに今ほしいな~と思っているのはこのバナナのベッド。。。。笑

ばなな
バナナから出てくるとかかわいすぎるやろ

ってことで、次のベッド購入時期にきたら検討するなかのひとつです。笑

 

まとめ

2年目もかわらないことは、ちびわんかわいい!子犬のときもかわいいけど、今もめっちゃんこかわいい!ということですね!!

備忘録的に、1年ごとの変化をまとめていけたらいいな~なんて考えてます。(今回は振り返りになりますが)

それではー。

-犬との暮らし
-,