犬との暮らし

磁石のおもちゃ誤飲事件、犬も十分に注意が必要だなと感じた

2021-12-13

磁石のおもちゃ誤飲事件、犬も十分に注意が必要だなと感じた

ども。まつばなな(@matsublog)です。

朝のニュースを見ていると、「磁石のおもちゃによる誤飲」のニュースが多く出ていました。

これは本当に危険ですよね。

人間のお子さんもそうですが、犬などの動物と住んでいるおうちも十分に気をつけねばなと。ましてや、我が家のちびわんは異嗜の傾向があるので、ニュースを見ているだけでも怖ろしい気持ちになりました。

今回の「磁石のおもちゃ誤飲事件」の概要

磁石のおもちゃ誤飲事件_マグネットキューブ

「マグネットキューブ」などの名称で、100均一やネット通販などで広く売られているおもちゃ。

消費者安全調査委員会(消費者庁)より注意喚起が行われています。

消費者庁該当ページ

端的にいうと、このマグネットキューブを飲み込んでしまうと、身体のなかでくっつくから危険だよ、というもの。

たとえば胃から腸へ運ばれたときに、腸壁を挟んで磁石がくっつき穴を開けてしまう。場合によっては開腹手術をして取り除くことになります。

マグネットキューブの磁力は通常の磁石よりも10倍強いものなどもあり、ある程度の厚みがあってもくっついてしまうため、より一層に注意が必要なんだそうです。

 

2016年以降10件ほど報告されているそうで、対象年齢を記載していても兄弟で一緒に遊ぶなどしている場合に、ちいさいお子さんが飲み込んでしまうようですね。ある日、腹痛を訴えて病院に行ってみると、マグネットのおもちゃが原因で小腸に穴が開いていたんだとか・・・・。

 

磁石のおもちゃの誤飲を防ぐために

まずは対象年齢とされているものを守って遊ぶことが大切とのことですが、ほかにも「数を数えてから遊ぶ」などの対策方法が紹介されていました。

ですが、細かく量がたくさんあるおもちゃなので、いちいち数えてから遊ぶのは大変だからやらないのでは?と思ってしまいましたね。

 

なんでも禁止する必要はないとは思いますが、命の危険がありますし難しい問題です。

 

ちびわんなら磁石のおもちゃを食べてしまいそう

冒頭でもお話ししましたが、ちびわんには異嗜があります。

そのため、家のなかに置くものは厳選して厳選して、誤飲がないように工夫しています。

 

でも外などで誰かが磁石のおもちゃで遊んでいて、落としてしまっていたら?

銀色の磁石でちいさなもの、アスファルトに落ちているのをちゃんと見つけて避けられるだろうか?

 

犬と暮らすわたしの目線から見たニュースの感想はこうでした。

まず家のなかにこのおもちゃは入れはしないけれど、外はわからない。

こういうおもちゃはないほうが助かるな~と思ってしまいました^_^;

 

人間のニュースでも犬に置き換えて考える

今回、注意喚起されているのはあくまで「お子さんの誤飲」についてでした。ですが、犬の誤飲はニュースにならないものもふくめて、たくさーーん起こっています。

 

同居している人間も誤飲を起こそうと思って置いているわけはないので、いろんな意味で誤飲事件って本当につらいです。

こうした人間に向けたニュースであっても、視点を変えて気づきを得たいものだな~と感じたのでメモ的なポストに。

 

引き続き、ちびわんの命を守るため、誤飲防止に努めてまいりまふ。

 

\拾い食いしないよう、おいしいごはんを/

-犬との暮らし
-,