スポンサーリンク

【簡単】誰でも土鍋でおいしくごはんを炊く方法

2017-07-06

スポンサーリンク

ども。まつばなな(https://twitter.com/matsublog)です。今日は『誰でも簡単に土鍋でおいしくごはんを炊く方法』をご紹介します。

土鍋とは

土鍋っちゅーと、こういうやつですね。 

これ欲しかったんですが、
ずっと売り切れだったのでわたしはこれ買いました。

【土鍋詳細】

  • 無印良品
  • 3合炊き
  • なんと電子レンジ可!
  • 良品週間などセール時に購入するとお安い

土鍋でごはんを炊く際に大事なのこと

  • 水の量
  • 火加減

だけです。

水の量

計算式は下記です。

炊飯するお米(g)×1.2 = 炊飯時のお水量

水の量を計算するには、まず1合何gか解っていないと計算できません。
1合=180gです。
それに1.2倍したものが水の量になります。

以下、早見表です。

 
1合 180 216
1.5合 270 324
2合 360 432
2.5合 450 540
3合 540 648

いざ、炊飯!

土鍋でお米を炊く手順は下記の通りです。

  1. 米を洗う
  2. 火にかける
  3. 最初は 強火
  4. 沸騰したら 弱火にして8分
  5. 8分経ったら火を消して20分待つ(蒸らし)
  6. できあがり!

火にかける

わたしが最初に困ったのは火加減。
強火ってどれくらい?(料理初心者が挑戦するところでないからか)

強火ってこれくらい。

結構ガンガンいっても大丈夫です。
少し水を少なくして、その分氷を入れるのもおすすめです。
沸騰までがゆっくりになって
その分お米の甘味が増してふっくらつやつやになるから。

見えるかな~ぐつぐつしてきました。

鍋からぐつぐつ!って音がしてくるので、音がしたら弱火にします。

弱火はこれくらいで大丈夫。

あとはタイマーで

8分!これとっても大事です。短すぎるとべたべたになるし、長すぎると焦げます。

8分経ったら火を消します!ここまできたらもうあとは待つだけです。

20分後

できあがり!です。

よく混ぜてお召し上がりください。

土鍋のメリット・デメリット

メリット

  • 冷めてもおいしいごはんが食べられる。お弁当用にもオススメ!
  • ものによっては”おひつ”になる
  • コンセントがなくてもコンロがあれば大丈夫
  • 初期費用の割に、おいしいごはんが食べられる
  • なんだか”身体によいことをしているという気分”になる

デメリット

  • 重い
  • 保温機能がない
  • 火加減をする手間
  • タイマーセットで炊けない
  • 狭いキッチンだと収納場所に悩む

ぐらいです。

保温使えないねって言われるんですが、
意外と保温機能って使わないんですよね。
食べる前に炊くし、残ったら冷凍保存しますよね。

土鍋で炊くごはんは
翌日もとても美味しいです。
やはり多少水分は抜けますが、
ごはんの香りがきちんとします。

普通のものは美味しく、
美味しいものはより美味しく。
安いお米でも美味しく食べられます。

以前から土鍋の生活に憧れていたのですが、調べても意外と「最後まできちんと炊ける方法」の記載がないことが多く、自分にとっての備忘録として記事に残しました。

土鍋生活始めたいと思っているかた、意外と簡単に炊けますよ。
ぜひお試しください。

 
こちらもオススメ!