おうちごと

わんこと暮らす|柔軟剤の匂い問題

2021-09-02

スポンサーリンク

どうもーまつばななです。

犬に配慮した生活シリーズ(?)、今回はお洗濯事情についてのメモです。

わんこと生活する前に気になったのが「匂い」の問題でした。

香水や芳香剤はもともとあまり好まないほうだったので、問題ありませんでしたがひとつ気になるものがありました。

嗅覚が鋭い動物と暮らすのだから匂いものを減らそう

わんこたちは、「嗅覚が優れている」ことは周知の事実ですよね。

なので、自分たちよりたくさんの匂いを感じていることは容易に想像ができたので、一緒に暮らすことを機に「匂いものを減らそう」と思い立ち色々調べてみました。

一番身近な匂いもの「柔軟剤」

もともと香水などは使わない生活をしていたので、一番身近な人工的な香りがするものは「柔軟剤」でした。

人間でも「ウッ」となるときもあるほど、強い香りのものもある柔軟剤。

この柔軟剤、「実は身体に害がある」としてきどきワルモノ扱いをされているのを見かける。なぜ?

柔軟剤自体の役割は、「衣類の繊維をコーティングする」ということらしい。で、ワルモノ扱いされる中身としては、実は成分が肌を刺激する可能性があったり、衣類に柔軟剤が残っていることによって菌が発生しやすくなったり、洗濯槽も匂ったりするんだそうな。

ちょこっと調べてみて、本当に必要なものなのかな?と感じて、一切やめてみることにしました。

ばなな
まずやってみんと分からん!

百聞は一見に如かず。家族に意見も聞かずに、柔軟剤なし生活をスタート。

柔軟剤なしで感じたメリット

柔軟剤なしにして洗ってみたところで感じたのは、「意外となくてもイケる」なということ。

そんなにゴワゴワにならないし、なにより柔軟剤を使わなければ単純にその分の毎月の費用が浮きます。

意外とバカにならない、月々の300円くらいの金額。いらないなら、今までの柔軟剤を使う生活は一体なんだったの?と思ったくらい。

柔軟剤なしで感じたデメリット

しばらく使って感じたデメリットは、冬に発生。

洗濯したときにはもちろん感じませんでしたが、実際に服を着て歩き始めたときに

ばなな
やや、困った!

となりました。

原因は静電気!

ナイロン製のスカートが足にまとわりつき、「これはこのまま出かけられないのでは・・・?」となるほどに静電気が発生しまくって本当に大変でした!

ナイロン系スカート+ストッキングの静電気対策

足にスカートがまとわりついてえらいこっちゃ!な時は、「ハンドクリーム」を足に塗り込んでください。

静電気の原因は「乾燥」。保湿されていれば、スカートのまとわりつきは激減しますよ。お試しください。

柔軟剤なしの生活をしてみた結果

「えいやー!」でやってみた柔軟剤なし生活。

結果としては、「時と場合によっては柔軟剤を使う」というところに落ち着きました。

静電気が発生しやすい時期や、洋服の場合には使い、それ以外には使わない

このような判断基準にしました。

「匂いなし」の柔軟剤を使う

「柔軟剤は使いたい」でも「匂いのあるものは使いたくない」

この両方を叶えてくれる柔軟剤はないものか…?と探してみたところ、ありました!

「ヤシノミ洗剤」という環境にもやさしい(と書いてある)柔軟剤が一番良さそうだったので購入。

もう2~3年ほどリピートして使っています。

大きいドラッグストアやホームセンター、スーパーなどにしかないのでちょこっと不便なのですが、「皮膚科医~」と書かれていると良さそうに感じます。笑

ちなみに洗剤もあります。

ヤシノミ洗剤の使用感

正直レビューをすると、可もなく不可もなく…という感じですね。笑

環境にやさしいとある通り、そこまで洗浄能力は高くありません。そのため、男性のTシャツの首回りなどは他の洗剤などに比べて早い段階から黄ばみはじめてしまいます。

汚れが残っていると生乾きの匂いの原因にもなりますし、早いスパンで漂白が必要となっている我が家です。

でも毎日の洗濯で「そこまで高い洗浄力って本当に必要なの?」「その洗剤の入った水が下水に流れているけどそれは本当に大丈夫なの?」などと考えました。

あまり過剰なものって怖いよな~と感じるもので、ひとまずはここに落ち着いている感じです。

もっと環境にやさしいものが出たり、購入しやすいものがあれば試してみたいと思います。

柔軟剤まとめ

少数派の生活をすると、やりづらかったり手に入りづらかったりするもので、この辺の塩梅難しいな~と思う日々です。

視野が狭まりがちなので、やりたいことと快適さのバランスを考えながら、犬との快適生活を向上を目指していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-おうちごと
-,