スポンサーリンク

【わんこ】お家へ行こう

2017-08-31

スポンサーリンク

ども。
まつばなな(@matsubanana)です。

前回はわんこを迎えに行くところでしたが
今回は連れてくるところです。

お家へ行こう!

ふれあいに出されていた時も、
今回抱いているときも愛想のとってもいい子だった。

連れて帰る準備をしだすと、
途端に笑顔がなくりました。

きゅっと口を結んで
店員さんを見ている。
撫でられて嬉しいはずなのに不安気な顔。

犬からすれば拉致されたも同然だよなぁ
とこの顔を見て思いました。

お店の外へ

連れて帰る用の箱を作ろうかと
言ってくれましたが、
クレートに入れるので大丈夫と言ってお店を後にしました。

激変。
震えだして、キョロキョロしはじめた。
肝が据わっている子かもと思っていましたが
好奇心より恐怖心の方が強い模様。
こりゃこの先大変だと思いました。

抱っこがいいかと思いましたが
急遽クレートに変更。

しかし、怖がって入らないので
天井を外して、上から入れてみた。

それでも怖がっていたので、
タオルで覆ってみると落ち着いた。
タオルは持っていた方が絶対にいいです。

息が荒いのは落ち着いて様でしたが、
こちらからも見えなくなるのが難点だなぁ、
となりながら、安全運転で帰宅しました。

とうとうお家に到着

お家に着いて降ろしてみると
やっぱりクレートから出てこない。
タオルをとったりしたときに
たまたま鼻が触れて乾いていたので
寝ていたのかと少し安心しました。

無理やり出すのは可哀想なので
出れるようにしつつ、静かにしておく。

心配したのも束の間、入り口ではなく
外した天井部分からぴょーんと出てきたました。

デリケートなのか、図太いのか。

ひとしきり、部屋を探索したあと
興奮さめやらぬ!という感じだったので、
この日はサークルで眠ってもらうことにしました。

寝床選び

この日の為に、マシュマロクッションから
ひんやり硬めのものまで色々用意して選んでもらったのですが
ここでマウンティング発生。

ストレス行動もここまで顕著だと解りやすいですね。

そのまま置いてると興奮させてしまいそうだったので、マウンティングしていたものだけ片付けて様子見。

無事に眠ってくれました。

まとめ

どんな状態で迎えてあげるのが
一番いいだろうと考えていたけれど、
結局はなるようにしかならないし

見てれば見てるほど、人間の言ってる「問題行動」はわんこのストレスからくるものなんだと実感しました。

これから、この子のストレスになるものを出来るだけ取り除いてあげよう。

社会化も、優しい大人わんこに手伝って貰って徐々にやっていこう。

してあげたいことがいっぱいで大変だ。
もちろん負担にならないように進めていくつもりです。

今日もここまで読んでくださって
ありがとうございました。