スポンサーリンク

【わんこ】犬を迎えるに時にペットショップに聞いたこと

スポンサーリンク

ども。
まつばなな(@matsubanana)です。

ご紹介が遅れましたが、
我が家で迎えることになったのは
ポメラニアン ♂ 6か月 未去勢
の子です。
ともすれば、たぬきかきつねに
間違ってしまいそうな色味です。

よく見かけますがこの抱き方されてみて下さい。
脇が痛くなります。

手足をしまって、しっぽを伸ばして寝てると
ツチノコに見えます。可愛いです。

今はちょうど『サル期』と言われる
被毛が貧相になってしまう時期で
もこもこというより、少しスカスカです。

どれぐらいまで
もふもふになるか期待。

ペットショップからお家までの道のり

お迎えに行く日の持ち物は以下のように準備しました。

  • 移動中にわんこを入れるキャリー
  • ペットシーツ
  • ペン・メモ

迎えに行く前は、
丁度良いサイズだと信じてやまなかったキャリー。
友人宅の保護にゃんこに譲ることになりました。

念のため、中に敷くタオルと
恐がってしまったときに
外にかけるバスタオルを持参。

とうとう再会。しかし…

とうとうお迎えにいき
説明を聞いていると併設の病院から
アニマルナースさんが急ぎ足でやってくる。

なんと虫が居るそう。

これ、周りに聞いてみたけれど
意外と多くて驚く。

虫が居るうえに、少し風邪気味で…
と申し訳なさそうに言われてしまいました。
レントゲン等も既に撮っていて、
問題はないのだけれど、もしかしたら
もともと気管が狭いのかもしれないとも。

本犬は、至って元気そう。
なんならふれあいに出されていた時より
若干大分とっても元気そう。

きっとふれあいで虫をうつされて、
既にお腹の調子が悪かったから
大人しかったのでしょう…。

この時点で、

  • 気管狭いかも

と、なんとも可哀想。
人でなしと言われるかもしれないけれど
私なら迎えるのを諦めるかもしれません。

終生飼育を考えたときに、
なんらか持病を持っていたり、
もともと体の弱い子を迎え入れ
出来うる限り質の良い暮らしをさせてあげられる自信がないからです。

今は付きっ切りでべったり見ていますが
看病しなければなくなった時に
叶えてあげられるのか?
この子の要望に応えてあげられるのか?

そう考えると、お互いの為に
迎え入れるなら健康な子の方が良い。

もちろん、迎え入れ時に
健康であっても、体調を崩すときも
必ずくるでしょうが
もともと体の弱い子よりかは
元気になるのも早いでしょう。

まぁ、今回迎えるのは母なので
わたしは考えられるリスクを
店員さんの口から引き出すことに専念しました。

店員さんに聞いたこと

  • 店員さんから見たこの子の性格
  • フードの種類
  • ごはんの量・あげ方
  • ごはんの回数(何時にあげているかまで)
  • ごはん量の計算方法
  • トイレトレーニングの方法
    どんな場所で、
    誰がやると一番成功しているか
  • トイレの回数

聞くと楽しいのが
「店員さんから見て、この子どんな子ですか?」
と聞くと、だいたいどんな感じの子か解ります。
性格が可愛らしい子だとやっぱり笑顔ですし
噛んだり難ありだと、顔が強張ります。

幸い、可愛がってもらえていた様子。

ごはん関係は細かく聞いておかないと
あとで困ったことになります。
例えば、フードの種類ですが
お店であげている同じものをあげることになるので
必ず聞くことになると思います。
フードの切替は、すぐすぐ行えないのです。

1週間ほどかけてゆっくりゆっくり
変えていかないと、わんこのお腹がびっくりします。
アレルギーを持っている可能性もあるので、
少しずつが無難です。

ごはんの回数は指示があると思います。
うちの子はもう大きいので朝夕の2回で良いそうですが
大事なのは時間です。
わんこの体内時計って驚くほど正確なんですよね。

突然知らないお家に連れてこられて、
ごはんの時間まで変わってしまったらどうですか?
うちは不安材料を少しでも減らしたかったので
最初は同じ時間にあげていました。

ごはんの量の計算方法も聞くと教えてくれますが
こればっかりは犬に聞くしかない部分もあるので
様子を見ながらになる予感。

で、問題はトイレですよね。
よく聞かれると思いますが、
「犬はキレイ好きで、寝床では粗相をしません。寝床と、トイレを分けてあげましょう」
というような説明文。
これは、ケージレスな場所で住んでいる場合に限ると思います。
ペットショップの子は、みんなトイレシーツで
スヤスヤ眠ってますよね。
寝床と排泄場所を区別することが出来ていないのに、
お家にきて突然できるようになる訳がありません。

どんなトレーニングをしていて(掛け声など)
誰がやると成功率が高いのか教えて頂きました。
そのひとの声のトーンなどを真似てやると
成功しやすい。

でも、本能って凄いと思うのは
普通に迎えた子なら、お散歩に出れば
ちゃんとトイレをすることです。

不思議ですよね。
家ではやらないのに、外だと
後ろ足で蹴り上げるまでが一連の流れに
ちゃんとなってるんです。

トイレトレーは用意したものの、
我が家は、ベランダにトイレトレーを置くなどして
わんこに解りやすくしてあげる予定。
もちろん、共用部分になるので匂いや置き場所の配慮もする。
角なので、ベランダが多く
どうにかなりそうなのでやってみようと思います。

うちの場合は以下も聞きました。

  • 虫がわかった日
  • 感染経路の特定はできたのか?
  • 虫の名前
  • 薬の種類

なども詳しく聞きました。
もっといろいろ突っ込みましたが、
普通虫は居ないと思うので必要ないでしょう。

その子はどこで生まれて、どうやってここに来たのか?

ブリーダーさんの所で繁殖してやってきた子、
それがうちの子です。

以前から、チラホラとよくない噂を
聞いている犬舎がある場所が出生地だったので
調べると、やはりそうでした。

そうではないかもしれませんが
「だから気管支が生まれつき弱いのかもな~」
というのはよぎってしまいました。

海外のように出産制限が決められたり、
生体販売の規制や
動物の権利が認められる世の中になればいいなと
思います。

うちの子はもう家族ですし、
出来うる限り幸せにしようと思ってますが、
次に迎える機会があるとすれば

ギリギリまで親わんこの元で
のびのびと暮らしたちびわんこを
貰いたいと思っています。

ちびわん育てはまだまだ続きます!

ここまで読んでくださって
ありがとうございました。

1匹でも多くのわんこが幸せになって欲しいと
思う方はポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村