スポンサーリンク

【魔法の美術館in大阪】はお子様連れに最適!大人だけど行ってみた。

スポンサーリンク

ども。

まつばなな(@matsubanana)です。

暑いなか、魔法の美術館に行って参りました。

入り口にて。

全国各地で開催されているものなので、好評なのでしょう。

見て、さわって、楽しめるという新しいタイプの美術館。

ただ、美術館と名前がついていますが、アトラクション寄りの美術展という感じです。

日程:2017年7月15日(土)~9月3日(日)

会場:大阪文化館・天保山

時間:10時~17時(16時30分最終入館)

魔法の美術館 大阪の感想

夏休み真っ只中ということもあって、人人。

子どもの数が圧倒的に多いのですが、大人のみで来られている方たちもチラホラいました。

科学とアートの展示会というコンセプトだそうなので、大人も十分に楽しめますが子ども達の興奮度はもうすごいものでした。

まさにこんな。

3人ぐらいが独占していて、更に放り投げるわ取り合うわで賑やかでした。

デートで行くにはひとを選ぶかもしれませんね。

ひとを感知してその形になる光のアート。他にもいろんな形に変化する。

カラスの羽根とガチョウの羽根で作られているそう。ここだけ静か(笑)
TVで良く紹介されているまっしろの絵本を使う作品。もちろん子ども達は大興奮。
ここだけ昭和を感じたのはわたしだけでしょうか?

白いビーズが敷き詰められた箱の中で光が弾けます。
大人も参加していいですかと聞くと笑って迎えてくれました。

休みに行ったので、自分が作品の中に入れるもの(自分が肖像画になったり)の前は長蛇の列だったので諦めて帰りました。

チケットと混雑状況は?

魔法の美術館のチケットについてですが、前売り券・ペアチケットはもう完売しておりました。

事前にロッピーで購入して、向かいましたがチケット売り場はスカスカだったので会場で購入しても良さそうです。心配な方は、事前の購入をオススメします。

レゴランドセットなど近隣施設の他イベントチケットと一緒に購入できるセット販売がされていたので気になる方は一度ご覧になってみては。

価格はこちら

  • 一般大学生 1,300円
  • 高校、中学生 800円
  • 小学生    500円

先にも書きましたが、とにかく子ども達が大興奮でとっても楽しそうでした。なので、休日の特に昼間は混雑が予想されます。

子どもさんは気に入った展示から何十分も動きませんし、特に次の作品に行くように促されることもなかった為、人気の作品・特に体験型の作品のところに列が出来てしまい動かないようでした。

(展示エリアにお手洗いがないのでそのうち出ることになるのですが)

大人も楽しめますが、平日に行った方がゆっくり見られるかもしれません。

平日が難しいかたでも、休日の閉館前くらいになるとあたらしく入ってくるお客も少なく、昼間よりはゆっくりと楽しめるのでは。

開催期間が長くなってますので、是非行ってみてください。

まとめ

自分に子どもが出来たら、連れてきてあげたいなと思う美術館でした。

まさに子どもから見ると「魔法」に溢れている美術館と言えるでしょう。

夏休みはまだ半月以上ありますし、思い出作りに最適だと思います。

絵日記とかにも使えるのでは(今は絵日記あるのかしら)

室内なので、涼みつつ楽しめましたよ。

Twitter公式アカウント

ではっ

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

 

雑記

Posted by matsubanana