スポンサーリンク

今更だけどドラマ「ラストフレンズ」について考えてみる

2017-06-30

スポンサーリンク

ども。まつばななです。

2008年の春に放送されていた「ラスト・フレンズ」というドラマをご存知ですか?わたしの大好きなドラマのひとつです。詳細はこちら→ラスト・フレンズ ディレクターズカット 完全版 [DVD]

このドラマでDVの現実を知った方も多かったことと思います。

少々ネタバレもあるので、これから見たいという方は注意してください。そうではない方は懐かしい話題になると思うので、最後まで見て頂ければ幸い。

メイン5人のキャラクターが魅力的

主人公はルカ(上野樹里さん)とミチル(長澤まさみさん)。メインは全部で5でこのお二方に加えてエリ(水川あさみさん)とタケル(瑛太さん)、ソウスケ(錦戸亮さん)を主軸に物語が進んでいく。キャラの名前の漢字まで覚えていないので全部カタカナで。

  • のだめでめちゃくちゃ天然カワイイなイメージが強かった上野さんがベリーショートで大変身。前評判ではクールな役所だが演じられるのかというような記事を見たけれど、心配はご無用。
  • 長澤さんも今はクールな感じの大人の女性を演じることが多いけれど、このドラマではいい意味でも悪い意味でもどこにでもいる女の子を演じている。親近感を覚えるからこそイライラすることも多かった。笑
  • 水川さんは明るいパリピっぽい女の子を演じている。ムードメーカーで思ったことをはっきり言う。解るけどそれダメだろ~という所が多い役。
  • 瑛太さんはまさにスタイリッシュな男子といった役。ヘアメイクアーティストで夜はBARで働くというモテ要素満載。ほんで、…体の肉付きが細くって見るたびに「瑛太わけーなー!細いなー!!でも締まってんなー!」とテレビに向かって話しかけているわたしがいる。
  • トリは錦戸さん。このドラマで錦戸さんを嫌いになった女性がたくさんいたという。当時ご本人は『本望です』と仰ってましたが。とにかくとっても恐い役。長澤さんの演じる子の恋人役。

この上4人はシェアハウスで同居している。

『人に話せない悩み』がテーマ。深いし広い

シェアハウスが流行り始めたのはこの頃。同世代の間ではシェアする子が増えたし、ドラマで扱ってくれたことによって親世代への認知も高まり説明もしやすくなった。シェアハウスを中心にストーリーは進む。

悩みのテーマとしては

  • 性同一性障害
  • 家庭内の性的虐待
  • 依存症
  • ネグレクト(育児放棄)
  • DV

主なものはこんなところ。こまごましたものもたくさんあって、今でも見直すと新しい発見がある。

それぞれの心の闇がどのような形で消化されるのかが見所。

三角関係が切ない

性同一性障害という当時はあまり取り扱われていなかった(と思う)テーマが興味深かったことを覚えている。その演者が上野樹里さんというのは放送前に騒がれていたイメージがあったがルカを見事に演じ切っていた。

それに家庭内の性的虐待によって女性恐怖症になって女性を好きになれないタケルを絡めてくる。そのことがあってから初めて惹かれた女性が男性が恋愛対象でない人だったり、更にルカの想い人のミチルから好意をよせられたりとありきたりだがひとつひとつの内容が濃い。

自由は自由でなかったりする

エリは「永遠の愛なんてない」をモットーに自由奔放に生きてはいるけれど、セックス依存症で人の温もり欲しさに不倫してみたり同居人に手を出そうとしてみたりする(相手が嫌がったら謝罪するし、強要はしない)。

今でも登場シーンのBGMには震える!

で本題。わたしなんでこの人知ってるのに結婚したんだろって何度も思いました。恐怖のDV男、ソウスケ。典型的だけど、最初は優しいしなんでもしてくれる恋人なんですよね!あとから考えると仕事終わるまでずっと職場の前で待ってるとか怖い部分もあるけどね!

母親に捨てられたソウスケと、金にも男にもだらしない母親を持つミチルどちらもネグレクトを受けている部分がある。2人は共依存の関係になります。

依存されることに依存される、そんな関係って最初は上手くいっても待っているのは崩壊ですよね。自分たち2人だけの世界から出て行ことするミチルをあの手この手で引き戻そうとする姿は痛々しいけれど、ミチルはソウスケではなくて大事な友達を選んだことによってDVから解放されるんですね。

ソウスケもミチルも愛された記憶がないから愛し方を知らない。だから殴ることで、従うことで愛を証明する…でもちゃんと周りを見れば手を差し伸べたり、無償に愛してくれているひとは居るよってことも丁寧に描かれている。ソウスケの衝撃のラストシーンは今でも鮮明に覚えていますね。あれによってソウスケもまた救われたのでしょうね。いいか悪いかはまた別の話。

ソウスケもきっと殴りたい訳じゃなかった

ミチルをストーキング中にソウスケは男の子と出会います。ソウスケはなにかを感じ取り話しかけるとどうやら、ネグレクトであると気づく。昔の自分を重ねているのか男の子にとても親切にしてあげていました。

きっと昔のソウスケにもこうやって手を差し伸べてくれるひとが居れば、少しは変わっていたのじゃないかと思えるシーン。男の子を使ってミチルに手紙を届けようとしたりしてしまうが、その男の子の母親は戻ってきてドラマの後半でソウスケにお礼を言う。

暴力をふるっていることは間違っているが、確かにこの男の子を救ったのはソウスケだった。

悩みのタネって孤独感なんじゃないか

悩みの大きさはひとと比べるものじゃない

このドラマに出てくるもので悩んでいるとき、ひとに相談するようなことではないと思ってしまう。全てのものがクサいものにフタ的な感じでひとりで抱え込もうとしてしまいがちですよね。

でもこのドラマはひとに相談したり病院を受診したりして、悩みを開示して解決方法を模索していく。

そもそも悩みのタネって孤独感からきているのだなぁと。ひとりで悩んだり、わたしだけがこうなんだとか、そういう所から悪化していくのはこのドラマをやっていた当時も今も変わらない問題ではありますよね。

ふつうの精神状態と、そうでないとき

DVは閉鎖的な空間で行われていることで、周りも気づいても触れてこない話題なんですよね。でも当人たち(する側も受ける側も)は通常の精神状態ではないので周りからつついてもらわないと解決するのが難しい問題。

だけど、心のどこかでおかしいと思っているなら周りに話してみるべきだし、もしそういう話を耳にしたら家庭内はそれぞれだよねではなくおかしいよとハッキリ伝えてあげて欲しい。

あなたはそのひとがいなくても生きていけるし、そのひとが居なくなってもひとりにはならない。

ドラマの中でもあなたはひとりじゃないし、ひとりで悩まなくてもいいということを訴えている。それぞれがそれぞれに落としどころを見つけて、トラウマや依存と上手に付き合っていく。

まとめ

当時にしては取り上げられることの少なかったテーマのドラマで、そこから派生してDVや性同一性障害、ネグレクトについての番組も増えました。

DVを受けている側それを見ている側(友達)からの視点もあるので、もし身近にこういったことがあるひとは一度見てもらいたい。

DVを受けているひとってもう通常の精神じゃないので、このドラマのように周りの助けっていうのは本当に必要なんです。DV男からの報復を恐れて周りも関与しにくくはあるんですが、話を聞いてもらうだけでも全然違いますからね。

わたしも当時の職場には救われました。

一度は見て頂きたいドラマなのであげてみました。DVをひとつのテーマにしているブログなのでまた紹介なんぞ出来ればいいと思ってます。

ドラマのようにキラキラした最後を迎えれるとは限らないけれど、今は匿名で話せる場もたくさんあるのだしわたしのようにブログで発散して自分の中で消化するのもアリだと思いますよ。

公式HPとかでも錦戸さんの写真全部ぼやけてたのが笑ったわ~。

 
いい感じで毎回挿入されてくるんで一層盛り上がった。
 
 

ブログランキングに参加しております。良かったら応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

雑記

Posted by matsubanana