スポンサーリンク

【8話】『お前が殴らせている』という常套句

2017-07-31

スポンサーリンク

ども。まつばななです。

前回は、
証人の欄を埋めるのにもたついていたら
殴られたって話でした。
その後どうにか証人を見つけて、
婚姻届けをひとりで届けに行きました。
役所のひとも「おめでとうございますー」
て感じで終わりました。

【DV男との結婚生活漫画】
1話はこちら
7話はこちら

ボロボロになりながらとうとう結婚へ

ですが、
式はもちろん結婚指輪を買うお金もなかったので
「いらない」と言ったのですが、
またそれも気に入らなかったようで
またぷんすかしていました。

結婚記念日も
1年後にはスッカリ忘れていましたし、
結婚したという自覚はあるようで
なかったのでしょうね。

今思えば、
結婚したくないというのがとても出ていて、
それがしっかりと伝わっていたから
殴られていたのかもしれません。

だからと言って「お前が殴らせている」という言葉は間違ってると思うんだよね

これ、ラストフレンズのソウスケも言ってたと思う。(ラストフレンズの記事はこちら

自分の思い通りに相手が動かないから、
その為に殴ってしまう。
相手側が自分の言う通りに
してくれさえすれば殴る必要はない。
だから殴らせているのは、相手。
自分は悪くない。

これには2パターンあって

  • 親から同じことをされていた
  • 親に同じことをしていた

彼らはそうすることによって
自身の気持ちを表現していて、
その方法しか知らない場合が多いです。
そうなると自力では治すのは難しいでしょう。

しかも、本人は
それが悪いことだと思っていない場合も
多いでしょう。
なので、専門機関で治療・カウンセリングを
受けるなどどいう考えは微塵もないです。

恋人関係や夫婦関係における
価値観の違いだと思って、
とっととおさらばするしかありません。
一緒にカウンセリングを受けに行って
あげるなら別かもしれませんが、
そういうひとはプライドが
とってもとっても高いので
そんなところとは無縁だと思っているし、
これからもそう思い続けるでしょう。

やつらは自分から離れると
悪いことが起こると脅してきますが、
少なくともわたしは楽しく生きていますし、
離婚届を出した瞬間は今でも忘れられません。
結婚記念日より、離婚記念日ですね。
(今は離婚した日も忘れたけれど)

9話はこちら

ここまで読んでくださって
ありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。
良かったら応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村