スポンサーリンク

【11話】1日のスケジュール

2017-08-02

スポンサーリンク

ども。
まつばなな(@matsubanana)です。

【DV男との結婚生活漫画】
1話はこちら
10話はこちら

今回は、わたしの一日の
スケジュールをご紹介します。

なにかの歌のような生活です。笑
冬は起きてくる前までに部屋を暖め、
夏は冷やす…。
朝ご飯を作り、着替えを用意する…。

これなんでやれてたかって、
母が父にやっていたからなんですよね。
そういうものなんだと思ってやってました。
やりたいかたは別に構わないと思うんですが、
やりたくないのにやってるんだったら
話し合った方が良いですよね。

向こうに話し合う気があればだけれど。

この辺りから、
よく父を思い出すようになります。

妻より帰宅が早いのに座って待ってる夫

元夫の会社は定時帰宅が普通に出来たので、
サビ残のあるわたしより
早く家に着いていることもありましたが
どかっと一人掛けのソファに座って
わたしの帰りを待ってました。

わたしを待ってましたっつーのは、
ちょっと語弊がありますね。
ごはんを待っていました。
こういうのありますよね、なんででしょう。

  • 家事は自分の仕事じゃないと思っている
  • 妻に甘えている
  • 出来ないからやらない

まぁこの場合、
どっかに答え書いちゃったからアレなんですけど。笑

家事やらない夫ってこのどれかだと思うんですよね。
今のオットは、下の2個でした。一緒に修行中です。

家事も立派な仕事なのに、
認められないのって
やってる側のさじ加減でいくらでも手を抜けるから
なのかしら、と思うことがあります。

今日何もしてなかったのに、
この家汚いなーってなるけど
翌日もあんまり変わらないっていうか。
それでも1日って始まって
ちゃんと終わっていくからまぁいいか、
となる。
こと仕事では難しい部分もありますよね。

ぱっと見きれいにする~
っていうクオリティでやると
仕事も家事も滞りなく進むから
それぐらいでいいか~なんて思いながら、
今日も掃除機はサボってクイックルワイパーで
お掃除します。

ちなみにDV夫のときは、
掃除機掛けろ!て怒られて
クイックルワイパー捨てられました。笑

そんなことしたら余計に掃除しないのにね。
当時は恐いからそれなりにやってましたけども。

なんかだらだら書いてしまった…。
では、ここまで読んでくださったかた
ありがとうございます。

12話はこちら

わかるわかる!こういうやついるわ~!
てなったかたはぽちっと↓

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村