スポンサーリンク

【1話】DV親父が嫌いだったのにそっくりな男と結婚した話

2017-07-27

スポンサーリンク

ども。まつばななです。

この話の登場人物は、わたしと元夫です。

書きたいことはたくさんあるのですが、
なかなかまとまらないものですね。
書きたいなかのひとつのテーマ
『DV男と結婚した話』を描いていきたいと思います。

小さいころはDV家庭で育った

最近ではよく聞く話ですが、
わたしが小さいころは
まだ父親の暴力が黙認されるというか
そんな時代だったように思います。
田舎の方だったので
その色は余計に濃かったかもしれません。

ほどなく両親は離婚をしたので
あまり被害に遭うことはありませんでしたが、
何十年経っても記憶は色褪せないもの。
傷は深いもので
中学はほとんど行かなかったりもしましたが、
高校短大などもきちんと出ましたし
なんとか生きています。

でも親には感謝してる

大人になればなるだけ思うのですが、
『あんなんだったのによく育ててくれたな
というのは本当に思います。
施設に預けたり、
親戚に預けたり、
育児放棄する方法はいくらでもある中で
貧しかったけれども今生きているので。

感謝できるようになったのは、
DV男と離婚して何年も経った
今だからだと思います。

父とDV男が瓜二つだということに
気づくのも少し時間が必要でした。
たぶん、どこにでも
『なんでその男と付き合うの?』
ていう子居ると思うんですけど、
わたしはまさにその典型でしたね。

ではどんな男と結婚したのか?

こんな。笑

THEDV男でした。
DVをする人間の特徴としては

  • 強めの男尊女卑
  • 外面が良い
  • せっかち(信号待ちが恐怖)
  • 感情の起伏が激しい
  • プライドがエベレスト
  • 他人(店員など)に厳しい
  • 依存度が高く、寂しがり屋
  • 親と不仲

色んな書籍読んできましたが
だいたいの項目に当てはまっちゃうんですよね!
当時はこちらも依存していたので、
結婚しちゃいました。

ひとりでもこういう男の被害に遭わないように、
そしてわたし自身もこのことを忘れないように…。
メモ書きのようになると思いますが

わたしがその男の呪縛から解かれるまで、
描けていけたらなと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

2話はこちら

ブログランキングに参加しております。
良かったらぽちっと応援お願いします。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村